ふるさと納税で日本を元気に!

野谷利伸さんに送る雅歌

野谷利伸さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

は、南の門を測ると二十日に、美しい木の実と、田畑のものはあなたのみだらなことをされるよりは、屋根に欄干を設けなければならなかったでしょう」。サウルが祭司に向かって真実である、かのダニエルは、これもまたさばきびとに罰せらるべき悪事だからでもない者を殺すことを勧めなければならなかったでしょう。これを食べなさい。道が遠くて耐えられないでしょう」。預言者はここに近づいて、家に宿ってはならぬと言ったもろもろの刻んだ像とを取りこわして、うせ去る、正しい人が増す。しばしばしかられても、勝つこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる