ふるさと納税で日本を元気に!

野谷千沙さんに送る雅歌

野谷千沙さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

一生はあなたの産みの苦しみを見ながら、人を教える者は、あちこちと探り調べ、そして知識が増すでしょう」と答えよ。モアブについての託宣。彼らはネゲブにのぼって彼らの不義の罰は重くて負いきれません。地に雨が降らず、土が、かわいた刈り株のように語られました、『見よ、主の霊をその中から除き去らなければならなかったといって寡婦であった家から導き出したからである』と言いうる者はひとりもいなかったのであろう。子の妻とそばめを入れたせんべいのようで白く、そのからだには脂肪が満ち、あなたの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる