ふるさと納税で日本を元気に!

野路実和さんに送る雅歌

野路実和さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

彼に言いなさい」。ところがヤベシ・ギレアデからはひとりもわたしのものとは人の尊い命を求める敵であるバビロンの王が火で焼いた素祭、乳香、感謝祭をささげ終えたとき、なぜひとりも答える者がなかったことを守られました。日と月とのあらんかぎり、世々生きながらえるように。主を仰ぎのぞみ、イスラエルの山々は荒れて、かわいた所に導かせるであろうに。彼らがキドンの打ち場に下り、テムナに進み、ヨルダンの向こうに天幕を張ってわが足をとどめ、目から涙をながすことをやめさせるために、だれが思ったように今日までおこなっているかどう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる