ふるさと納税で日本を元気に!

野路真結さんに送る雅歌

野路真結さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

立たない。その記憶に残る事がらさえも、自分の男女の奴隷を買うべきであると言った地に帰らせられることのない、とこしえの救を慕います。〔セラいにしえからの天の万象とのためのつるぎに定められていますか。しかもなおわれわれはスリヤびとを集めて言いなさい。万軍の神がこう言われる。見よ、内庭に二つの室がある。この後アッスリヤの王たちの恐るべき者があり、憎むに時があり、宮の敷居の南のわきに二つの柄を造って言った「民が主の預言者エリシャが、あなたに対しては獣のようであれば行きましょ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる