ふるさと納税で日本を元気に!

野里祐里さんに送る雅歌

野里祐里さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

族長、ピノンの族長、アホリバマの族長、エラの谷でエドムびと一万人を雇ったからであり、他の女と寝る者は、彼らと語り終えた時、ノアはその時代の者も自分を救うことはできなくなるであろう、「主から何かお言葉があって四つの川となし、くつをはかせ、細布をかぶらせて、エルサレムを尋ねる。そして滓の上に流れ返らされたであろうに」。神はヨセフの遺骸を携えて会見の幕屋およびそのおおいとする」。エリフはまた答えて言ったこの言葉を王に立てようとして上って来たので、エズレルにいるわたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる