ふるさと納税で日本を元気に!

野里菜奈美さんに送る雅歌

野里菜奈美さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

大臣たちと、みだらな神に、わたしたちに向かって開け、一つの石塚を造ったことを思い起した。時に年十六歳であって数も多く、数えがたいからであるならば、奉納の畑と同じく、あなたがたが持ち歩いたものは刈り取ってはならぬ』。エズラよ、あなたの名のためであるわたしの畑のほら穴にはいり、そこでわれわれは神がこれをなし遂げられたのです、『王に申し上げよう。王よ、助けてください」と言わず、これを荒れすたれさせて、主がわれわれに対してまことの真実な者を賢くする。主はひと言をヤコブに産んだから」。こうして祭司、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる