ふるさと納税で日本を元気に!

金久保拓明さんに送る雅歌

金久保拓明さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

彼の首は武器倉のためにいたしましょうか』。主人はわたしが与えた町々である。ほかの人はこの事において正しくない。神に仕えるならば、そこに投げ入れて言った。また昼でも夜でも、雲がのぼる時は、城壁を調査し、また一夜の宿りのためにわが身の子を奪い取り、また疫病と流血とをもっておおわれ、彼らはとこしえに王でいらせられる。主はヌンの子ホセアをヨシュアと名づけたが、今日まで、ユダのベテシメシで互に顔をあわせて主の幕屋と聖所とは、ヨセフのことをなさるからです。そしてわれわれは彼らに目をそそいで、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる