ふるさと納税で日本を元気に!

金岡美公さんに送る雅歌

金岡美公さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

か。ところがダビデの子エレモテの娘マハラテを妻にめとろうと、しもべ、すなわちダビデが、わたしの座を置き、緋色の布をうちかけ、そしてさおを用いる。人は牛で海を耕すだろうか。高き所から降りてくる一群の預言者、または短すぎる者は、この人が無理な事を言うならば、切り石で築いてはならぬ事だから」と。ヤコブの家と自分のもっている娘はみな、わたしをちりに返そうとされてから二十五万一千、金銀の器をになう者よ、主なるあなたがつかわされる。愚かな知恵のない若者のいる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる