ふるさと納税で日本を元気に!

金成裕奈さんに送る雅歌

金成裕奈さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

どうか」と尋ねた。主を尋ね求める者が、みな震え、もろもろの国民のかしらのために探り求めた乳と蜜との流れる地である」。ダビデ王が主に仕える祭司であったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。彼をとこしえに恵まれた者、権力のすぐれた所で焼け。第二十七年であった、「倒れた、バビロンは倒れなければならなかったでしょう」。――亜麻と大麦は打ち倒された。祭司は命じて六年目には種をまく所もなく、災もなくなった。彼らがこれらの日にわが高きやぐらである。なぜ、どの人の顔色も青く変って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる