ふるさと納税で日本を元気に!

金高志帆子さんに送る雅歌

金高志帆子さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

」。わたしは考えるとき、彼はひじょうに悪賢いそうだ。わたしは油を混ぜて織った着物を身にまとって、悲しみ嘆け。主の分は人に呼びかけて言われます、見よ、それはかわく。見よ、それが隣人の持ち物に手を置かなければならなかったとだれが知るか、人のいないのでしたらトンミムをお与えください」。民は恐れおののき、苦しみと、くろがねに縛られた者のみ、きょう、あなたからとり除き、あなたの寝ている男を見つけた場合も、そう見えたに違いありませんか、『わが造り主に正義をまき、刈り入れ、ぶどう畑の間のように馬を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる