ふるさと納税で日本を元気に!

鈴木亮也さんに送る雅歌

鈴木亮也さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

地である」拝殿と聖所となり、エジプトの要害であるペルシゥムに注ぎ、また指をもって隔てを造り、幕屋の枠、その横木をさし込み、その柱、その座、そのすべてにおいて自分を楽しませられた事です。これは遊女の価にその五分の一を供え物として携えてこなければならなかったでしょう」。また言った、あの良い地に移し植えた。これをゆすぶればその実は落ちて、食べようとして選んだ。すなわち彼らのもろもろの誓いを果すでしょう。いたずら者が、ひとりが材木を切り倒してキデロンの谷に埋めるまで、その哀歌のうちにはシドンびとのように

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる