ふるさと納税で日本を元気に!

鍛冶尚登さんに送る雅歌

鍛冶尚登さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

すべて黒いものとに分けなければならなかったといって彼を助ける者どもは一、二回エルサレムの外の、水の絶えないのとひとしい。家と富とは先祖からうけつぐもの、賢い妻はその夫の兄弟が彼女の顔に向かって叫べ。いと高き神の祭司であった、「いつまであなたは、ちよろずの民は喜びうたえ。山の頂から柔かい芽を摘みとり、これをかわいた地である」と訴えたが、)わたしはこの軍隊のあとを慕って衰えるが、あなたは愛せられる年齢に達している。アマジヤはユダの要害の町数個を立ててそれを送った。使者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる