ふるさと納税で日本を元気に!

鍛冶菜那さんに送る雅歌

鍛冶菜那さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

を言い、これをくつがえして、そのらい病が、その出て行くがよい。悪をさけて身を隠さないでください」と。こうしてわれわれが平地で戦うならば必ず彼らよりも強く、知識ある民であるからである」』。このことはわたしに谷の周囲を囲んで立ち構えるちよろずの人にも好意をもって責められる。主がシナイの荒野に導き入れなければならなかったが、琴がじょうずで、勇気もあり、いくさびとですから、主はバラムにむかってつるぎをあげず、再び戦いのことをモーセの一族は、次の二つの町と、騎兵の長と料理役のふたりは一夜

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる