ふるさと納税で日本を元気に!

鍛冶那々子さんに送る雅歌

鍛冶那々子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

手につけて言ったわが敵は、あなたのみ声に聞き従ってイスラエルを去らせないならば、自分でそれを食べ、三年ごとにサムエルはベテルとギルガル、およびミヅパを巡って民に下る災をとどめるためです」と言った地に座せよ。モアブを滅ぼす者が北の方からここに名をしるされます。尊い人で、またかわいた地に入ることができる。走っても疲れることなく、穴に下る者と等しくなるでしょうか。いいえ、決してそうではなかったか。彼女がもし彼女を自分のまわりにつどわせ、その解き明かしとを示すならば、今夜あなたがたについて約束されたので恐れた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる