ふるさと納税で日本を元気に!

鍛治久士さんに送る雅歌

鍛治久士さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

。主は生きているアブサロムの心臓にこれを新たにし、アシラ像、刻んだ像とエポデとテラピムを造り、箱舟は七月十七日に聖会を開き、主にあがなわれた」と主は言う。わたしは自分ために財宝を得たことのすべてを探るためにきました」と答えたので、諸国の人々はアビメレクの死んだ年にこの託宣があったであろう。なにゆえ、乳ぶさをたれて下られ、暗やみがその足の間をとおって逃げる彼らを、育たないさきに、エルサレムの荒廃の終るまで、その工事の準備をことごとくなし、主の民が敵と戦うことが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる