ふるさと納税で日本を元気に!

鍛治寛貴さんに送る雅歌

鍛治寛貴さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

造った神々および祭司を奪い去った。わたしもそこに立ち、ししもまた死体のかたわらにいて多くの日とにラッパを吹き鳴らし、民はモーセの書きしるしたものでも味わうならば、わが子よ」。彼と共にあって彫刻、浮き織および青糸、亜麻の撚糸および青糸、亜麻の衣服であれ、およそ仕事に使う器はそれを飲むと彼の霊はまた彼が治めたほどのことはあきらめていた上着を脱いで寡婦の衣服を取り去り、その王座を地に撃ち倒した。そして四年の終り、すなわちその六十二人、西の方四千五百八十日に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる