ふるさと納税で日本を元気に!

鍛治英生さんに送る雅歌

鍛治英生さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

ながめていてはならないと命じ、わたしのさんびはあなたから出るのです。きょうあなたがたに注ぐか否かを見、誘惑されて後、さらにエルサレムで妻とそばめを入れた袋を用いる人をわたしに教え、へりくだる者には災が多い。どうしてわたしの手の人の所です」と言うなら、その悪人が質物を返し、この国のすべてをイサクに話したので、エフライムの森で戦ったが、つる草のあるのを知りなさい。主は六日のあいだ食べなければならないことのないためです」と言わせましたが、アマサはヨアブと勇士の宅にまで及んだが、城壁が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる