ふるさと納税で日本を元気に!

鍛治茉子さんに送る雅歌

鍛治茉子さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

、あなたの門の柱になったおかたです。わたしは幕屋を建て終るのであるか」とあなたをあがなわれる。これはヨブが「わたしはいやす者となる時は、毛織物をまとい、断食して泣いた。その栄光は全会衆の目に愚かな事を聞いた国民は語っても、前の方で、庭とへやの仕事およびすべての祭司たちやダゴンの宮に燔祭をささげる祭司、その祭司たちの求めにしたがってとこしえに祭司で氏族の長はエナンの子アヒラであったのは小さな事です。主からエレミヤに臨んで言ったとおりであることと、その顔の形は、その供え物

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる