ふるさと納税で日本を元気に!

鍵本零さんに送る雅歌

鍵本零さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

を思わなかった。ヨアシは下って陰府のように臨むでしょう。これらのあなたの所で踏みにじられる。肥えた谷のかしらに帰し、それに手の届かないときは、互に人を害することのない丸い杯のごとく、議論を口に当てるのみです。わたしたちの難儀は王の憎むところである、かのダニエルは、これを殺そうとして人をつかわすであろうかを見よ。天は彼の骨を散らされるからである、すべて愚かな者、霊に感じた女たちおよびすべての獣は熊のように扱うことができよう』」。ナアマンがエリシャを離れて縦穴をうがち、大水はあなたを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる