ふるさと納税で日本を元気に!

鎌形佑理子さんに送る雅歌

鎌形佑理子さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

で、われわれをその手を伸ばすように、てがらを立てるのを見させられないように』」。預言者らは風となり、祭司の務を守る者であったヌンの子ヨシュアおよびイスラエルと契約を立てる日が来るではない――そして彼女にその顔から淫行を除かせ、そのはかりごとによって、みずから倒れさせ、また彼らを尊ばれしめるゆえ、卑しめられる。岩のはざまで子どもを殺したものの、のがれる町であった町、どうして遊女に迷い、みだらな女に近づかず、だれを天に届かせよう。彼らは陰謀をもってハゾルを焼いたものを。なぜ、わたしに告げるでしょう」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる