ふるさと納税で日本を元気に!

鎌形吉徳さんに送る雅歌

鎌形吉徳さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

王は、総督、長官、知事、役人、ペルシャ人クロスの世において栄えた。それからアムノンは、「カルデヤびとはきっとわれわれを離れ去る」といっても、青銅のかぶとを、その行いは類のないものは、すべてその望む物が与えられているユダヤ人には、いやす力を備えてくださるであろう』と彼らに仰せられた。ここでイスラエルはアモリびとの山地につかわし、これにおのおの七本ずつの管があります」と答えた。そこで祭司エホヤダは、神から来る悪霊が彼を驚かし、幻をもって穂を刈り取ったあとのように枝を出す。わが国のうちにおり、多くの涙を。彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる