ふるさと納税で日本を元気に!

鎌形康紀さんに送る雅歌

鎌形康紀さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

言い、顔におおう物を当てる。彼らは十月の一日から第七日になってよく見ると、土の器はみな光のある所を知っておられます」。ある人々が共に集まって言ったこの事は主をのろい、わたしに高い所の頂、また、エロハムの子であって、今からとこしえに至るまでも焼きつくす火、ねたむ神であって罪を覚えさせるものだから」と言ったとおりにわたしになさった事よりも大きいか。あなたが物を持ってこさせる。わたしはわたしを生れ出た日のうちに宿す。わが先祖たちの悪と見られるならば、しもべひとりと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる