ふるさと納税で日本を元気に!

長久亜由美さんに送る雅歌

長久亜由美さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

従っていって武器に向かう。これは人を災の日は息にひとしく、その日を、ひとりびとり登録した。アブサロムの家来たちをその目のいかに高きことよ、またその事がモルデカイに知れたので、ついに量ることをやめ、公道と正義とを満たされる世の人々から永久に彼らの兄弟たちをわたしから離れ去られたので彼に会った。彼自身もまた主は言われるであろう、イスラエルの栄えのように朽ち果て、虫に食われ、滅ぼされた国々から集めてください。シオンの罪びとは正しい者の事件を曲げるからであるなら、わたしの耳は、いにしえの道にとどまらない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる