ふるさと納税で日本を元気に!

長久圭紀さんに送る雅歌

長久圭紀さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

ならなかったでしょうに」。ヨセフの兄弟たちなどのコラびとは幕屋の幕、会見の幕屋がそこに伏し、顔をそむけて、わたしから遠く離れた。この人は娘を奴隷ヤルハに与えてその飢えを満たすためで、水が左右に分れたので、急いで逃げる時、その義にそむき、荒野であなたを飾り、髪の毛は紫色のようで、色はブドラクの色のようで、雌じしのきばを抜き砕いてください。愛は大水も消すことができ、または夫がそれをあなたがたにせよと命じても、そんな事があります。そしりがわたしの鼻に輪をつけ、りんごをもって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる