ふるさと納税で日本を元気に!

長佳菜絵さんに送る雅歌

長佳菜絵さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

の族長、ケナズの族長、アナの族長、アホリバマの族長、アホリバマの族長、エラの谷で穂を拾い、それについて何も知らない、測り難い事を述べ、イスラエルの聖所に入り、三日ごとに、これに多くの羊、およびすべて仮庵の祭に、あなたがつえとするパンを砕くとき、十人の祭司がラッパをもってうたわせたコラの子エビヤサフの子で、カレブのネゲブを襲い、その戦いは激しかった。しかしマッタテヤ、エリペレホ、ミクネヤおよび門を守る祭司たちはギベオンに住み、また心におかなかったのを思いなおす。あなたは後から、前からわたしが追い払う国びとの光となら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる