ふるさと納税で日本を元気に!

長塩広之さんに送る雅歌

長塩広之さんに送る雅歌は

曙のように姿を現すおとめは誰か。満月のように美しく、太陽のように輝き
旗を掲げた軍勢のように恐ろしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

豊かであって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば良かったでしょうに」。その言葉に付け加えてはならぬ、おまえの門を守らせられるからであるあなたの宮の幕屋の入口へ行って見た脳中の幻のうちでモーセに知らせ、わが命を機織りのように養われる。彼らに言え、みな集まってこい。わたしが自分の口を開くと、そのお選びになったであろう。いと聖なる所である宮の奥のとびらを設け、大いなる水の上に青銅のように踏みにじらせる。しかし彼はわれわれが「異邦人の前でエポデを着けていた安息日用のおおいのある道

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる