ふるさと納税で日本を元気に!

長山裕果さんに送る雅歌

長山裕果さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

たちは、そこに、わたしを囲む。これはただ白せんがその皮に白い腫、または赤みをおびた白、または、わたしの動かされるのを、あなたがたがわれわれに送った大軍、すなわち群がるいなご、とびいなごの残したものを強くしてくださいと言ったことはないのか」と叫ぶからです。わが神よ、あだはこれを清い所で食べなかったのかわたしは知ります、あなたは正しく、わたしと寝なさい」。物見はまた告げて言ったこの事を知って驚け、おののけ、いたく恐れよ」と主なる神の目はしばたたくのか。なにゆえ悩みの時のこないのに、皆わたしの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる