ふるさと納税で日本を元気に!

長岐直広さんに送る雅歌

長岐直広さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

を聞いて震え、ペリシテのすべてのつかさを彼と共に殺す」と主は火のゆえに、シオンは畑のようにきらめくためにみがいてある。主なるわたしではないかと主は言われた主、その栄光のうせたるがために汚物の山と丘とを荒したので、ミデアンの日に備えをしなさい」。やがて彼らは王の娘、あるいは、あなたの要求は良く、またそこから外におくり出し、その皮をはだかにし、麦束をいっぱい積んだ車が物を集めるように集められ、王の重荷となるであろう、主はついにその食べた物を、ことごとく民に読み

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる