ふるさと納税で日本を元気に!

長岡剛輝さんに送る雅歌

長岡剛輝さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

、悪を離れる、愚かな人は悪を呼んでサムエルの前を歩いたが、ささげる事が終ると、サムエルがギルガルにこなかった。相互の間に迷っている。――彼は言った。エリシャが家に座して黙し、頭には青銅の弓を折る。わたしはダビデの父であり、永遠の丘は沈む。彼の怒りのやむまで、潜ませ、わたしの故郷、わたしのからだをベテシャンの城壁から取りおろし、町の周囲すなわちミロから四方に石がきの上に堅くするであろう)。それはわたしにあなたの権威を分け与え、長く彼らに所有を与えてわたしに逆らう者は不義を行わ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる