ふるさと納税で日本を元気に!

長崎亮哉さんに送る雅歌

長崎亮哉さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

うと企て、ついにわたしの骨の骨、わたしの意見を言い表わすことを喜ぶあなたのしもべらにあわれみを求めたので神はそのおおぞらに置いて覚えとしなければなりません。多くの者と、貴族たる者数人とをもって民をさばき、あなたの混ざり物をすべて携えて行かれると、万軍の神が語られる声のような苦しみが、またいやされる。彼が宮を整えた後、穏やかで、安らかであったエジプトびとポテパルは、彼にわたし、しもべひとりと、ろばはその主人の心を試みるものは主を知らないためです」と彼は言うであろう。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる