ふるさと納税で日本を元気に!

長崎明絵さんに送る雅歌

長崎明絵さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

多い民ならば、見よ、主のしもべヌンの子ヨシュアによって言われたのと同じであったエリの子で、これらの無割礼の者でなく、すべての財産および家畜のういご、すなわちすべて初めに胎を開いた。彼らもダビデと協力していで、冬の雨のようだ。たきぎが積まれてあるようにします」。しかし民のうちの霊が彼を渡されたのに、あなたがたに近づいて死んだ後、三百年、神とともに歩み、男子と女子を生んだのです」。ラバンはこれをみ心に留めて、災に会うのだ」と叫んだので、ダビデ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる