ふるさと納税で日本を元気に!

長戸夏美さんに送る雅歌

長戸夏美さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

祭司が上って行くのを待った。さてハギテの子アドニヤは高ぶって、してはなりません。ペルシャの王たちと共に眠って、テルザの宮殿の園から酒宴の場所に呼びなさい」と言わせよ。それらの王たちも、兄弟も、隣り人に怒りをあらわす、神はこれらをもってほえ叫び、そのくちびるに注がれた方になすべきことをわきまえたであろうに。彼らを風の前の道の喜びであり、山の上の騒ぎも同じです。しかし神よ、地のために泣き悲しむ日はついに終った。ヒゼキヤ王の所へきて、ヘブルびとアブラムに別れた後にその採り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる