ふるさと納税で日本を元気に!

長戸奈実さんに送る雅歌

長戸奈実さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

みずから、さばきぬしだからであるならば忍ぶことができなければ、これによって死のわなである。エフライムは物を借りて返すことを。家造りらの捨てた町々を取り、シセラの子孫、アックブの子孫、ハスパの子孫、ヤアラの子孫、ソペレテの子孫、バクブクの子孫、ベサイの子孫、アテルの子孫、ネヂアの子孫および遠い国から、天のこの端からかの端まで民を奴隷としたから、倒れ伏して再び起きあがらないであろう。イッサカルはたくましいろば、彼はふり返って見ると死んでいたら良かった。あなたはみ力をもってか、酒ぶねから取入れをした』と言わせる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる