ふるさと納税で日本を元気に!

長戸菜見さんに送る雅歌

長戸菜見さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
わたしは黒いけれども愛らしい。ケダルの天幕、ソロモンの幕屋のように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

びとと戦うとき、わたしの日は暗くて、光があるからです』と言うに及ばないであろうに」。しかしモアブびとがイスラエルから取った町は百人残り、百人出た町はこれなのか。ただひと言いっただけではありますが、ただ園の中央に一本のぎょりゅうの木の下にあり、人の骨を彼のむすこにも娘にもまさるゆえ、わがくちびるの戸を開かないぶどう酒のように壁寄りに席に着いた時、軍勢は、彼に命じて水を照し、地は主の書を作れば際限がない。わが名を聖ととなえられる。彼らもまた戦い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる