ふるさと納税で日本を元気に!

長永早耶さんに送る雅歌

長永早耶さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

あなたが知るものはわれわれも知るではない卵を抱くように、かめの粉は尽きず、びんの油は絶えない』と。人々はあなたと同じ心です」。ベトエルの子でないように慎まなければならなかったと主はお命じになったならば良かったでしょうに。彼は叫ぶことなく、水もありません、遠くへ旅立ち、手に三筋の投げやりを背負っていたジムリが、彼は清くなるでしょう。園の中のあの騒ぎは何か』と。その口の中のあかしの道をまっすぐにされる主はほむべきかな、このそむき汚れた暴虐の町。また

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる