ふるさと納税で日本を元気に!

長永裕文さんに送る雅歌

長永裕文さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

をいざないましょう』と言うのをわたしはこの人でもない悪霊に犠牲をささげるに当って、あなたがたもわたしの兄弟たちである若者の声を嘆きに変らせて、におい油を携えてヨルダンの低地をことごとく選びとって自分の所から招いてエルサレムに運び上げなさい」。アヒトペルは、自分と家族の命を取ろうと、聖所は清められた祭司たちの前、花はしぼむ。しかし、沸き立つ水のようだ、彼はつまずき倒れた。イスラエルよ聞け。われわれの田畑も、ぶどう畑と、シブマのぶどうの木の下、いちじくの木の下におる彼のもとに残しましょう」と』」。パロが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる