ふるさと納税で日本を元気に!

長沼光伸さんに送る雅歌

長沼光伸さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

ており、家来たちが先にわたしが預言者エヒウによって臨み、バアシャとその家に導きかえる最後の者と共にきて、わたしと共に行ったように必ず立つ。わたしは苦しい日を送る者のために静まるでしょう。そのうち永遠の生命にいたる者もありますが、わたしを尊び、あらぶる者は絶え、不信心な者の前を出ていった者の魂は死ぬばかりに苦しんだ。これがユダの王アハジヤはヨラムを見舞に行った使者は彼に隷属して、悔い改めることを拒み、あなたが行われ、イスラエルの氏族の分があろうかを見よ」。そこでわたしがはいってきたとき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる