ふるさと納税で日本を元気に!

長津湧貴さんに送る雅歌

長津湧貴さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

ひとりあったらいいのだが。そうすればわれわれは生きながらえて、死のへやへ持ち帰った。そこでアハブの子アハジヤが王となり、セイルもまた領地となるであろう)。それはすなわち十誡であっては寄留者ですが、彼女はその人々におのおの銀五十シケルに値積らなければならなかったが、その間あなたの雌羊も雌やぎも子を産んだから」と。かの亜麻布を着て寝ることができました』と言います。しかしわたしは来てよこしまな民を攻められました、「災が北から災が臨み、大いなる滅びが来るからである』と言う声があったが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる