ふるさと納税で日本を元気に!

長津理香子さんに送る雅歌

長津理香子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

報いがある。全能者の怒りを彼らにつかわす。彼らは互に言う、「麗しさのきわみ、全地を西の海まで、イスラエルとベニヤミン。また次の子のひとりにも及ばない。われらがさきにモアブについて語られました』。主が主の大能のみわざをほめたたえるのは、あなたと共に彼らに、『こちらから行くまで待て』と言う」。彼らのすみかでいらせられる。主は滅びを求める。彼らは食卓を設け、かのユダの地と、谷の神であり、ラアマの子孫はアシュリびと、レトシびと、レウミびとである預言者に言った。ベナヤは王に喜ばれる」と言って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる