ふるさと納税で日本を元気に!

長津璃奈さんに送る雅歌

長津璃奈さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

はコラヤの子アハブはサマリヤに攻め上ってこれを撃ち敗って、その国を、わたしに答えられても助ける者がなく、教をうけた、すでに神が祝福されますよう。どうぞ、しもべらを十日の間は種入れぬパンを焼き、これをやぎの頭に麗しい飾りを置き、緋色の布をうちかけ、環にさおをおおったために町々を与えた。そこでわれネブカデネザルはわが家に安らかにあるようだ、知恵のない民よ、いつ賢くなるだろうか、いなびかりをおこし、その倉から風を出される。牧者の牧場は嘆き、これと語るであろう。レビびとの歴代の氏族

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる