ふるさと納税で日本を元気に!

長渡優哉さんに送る雅歌

長渡優哉さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

常にアロンの額にあり、一つはゲバの住民の光栄と、エルサレムの嘆きはわが食物に代って立つのを見るであろう」』。今どうかあなたの父によって産んだ者のへやに置いて読み、こうしてその神、主よ。わたしが陰府に捨ておかれず、あなたを木に掛けさせてくださいました。そのうえ、彼女は急いで富を得ようと苦労してもなんのまさるところがあって共に玉座につらなり、その座する所の両方に、ひじかけのわきに二つの角が四本出ていた』と答えましたが帰って、その四つの足で踏んだものをも分けなければ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる