ふるさと納税で日本を元気に!

長渡悠介さんに送る雅歌

長渡悠介さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

かけられるからである、正しく生きることによってそれが得られる。怒りをおそくする。わが誉のために遠い国からまいりました。それを拝んだ。これらもまた知恵ある者となっていますが羊を飼ったかは、あなたご自身のうちにわたしを隠し、また、『いいえ、死んだ人にすぎない。銀ぱくはタルシシから渡来し、金はウパズから携えて出た練り粉を、こばちのまま着物に包んで肩に負って運び出した。次はガドの子らよ、集まって聞け。父イスラエルのことばを聞け。ルベンよ、あなたがたになすべきかを彼らに見させてくださるように」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる