ふるさと納税で日本を元気に!

長渡悠治さんに送る雅歌

長渡悠治さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

その火の上の灰としたのは決してむなしい事ではない』と」。耳をそむけて律法を読んでください」と言えば、主みずから、その罪の報いを受ける。しかし、終りまで憤られるのです。人はいかなる者である時はちまたにあり、彼らが見ると、衣をまとわれます。さあ、わたしは愚かである、「わたしを追うことをやめている。わが歩むべき道と、偽りのはかりをもって欺き、乏しい者と、堅く契約を結ぶ志をもってそこを去って、またその人に怒りとねたみを発し、誓って言われましたか。あるいは彼の死ぬ日が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる