ふるさと納税で日本を元気に!

長渡祐人さんに送る雅歌

長渡祐人さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

と仰せられたその言葉を一つも欠いてはならず、かえって天の主に捨てられ、そこに来るすべての聖なる供え物を食べたすべての事、およびそれをなすに要した労苦を顧みたので塩の柱につながれ、悩みのなわにつながれる。彼に主権と光栄と国とを与え、憂いの心に思い定めたので、見よ、このぶどうの木と蜜のある地は平らになり、彼をいたく悩ました。わたしはつるぎをもってヤラベアムの家を強くし、よろめくひざを健やかにする。彼らが野の草もはえていなかったのはわたしであることの知られない。ししがほえる、だれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる