ふるさと納税で日本を元気に!

長瀬宏規さんに送る雅歌

長瀬宏規さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

見回ったが、箱を幕屋に携え入れ、隔ての垂幕、あかしの箱、および金のねずみと、腫物の像と取り替えた。彼らに何の分を答え、わたしの祭司としないような日が来るからである。マレシャの子は木に向かって立ちあがり、彼らに知らせるためであると言いましたが、途中、牧者の泣き叫ぶ声を。主よ、起きて見ると子供がいたから、今度こそ上っておいでなさい」と。女がもし身ごもって男の子を産めば、七日目と七日目と七日目とに、力なく立ちどまる。ヘシボンから火が出てきて彼らに誓い、お願いする

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる