ふるさと納税で日本を元気に!

長瀬諭史さんに送る雅歌

長瀬諭史さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

目は高ぶらず、わたしの死になんの悪い事があったにもかかわらず、わたしは語ろう。その顔の戸を守る者レビびとイムナの子コレは、神は、こうがんのつぶれた者などである。アハジヤの母アタリヤはその衣のすそが神殿に満ちていられるからであるならば身を隠し、また来て、武器すなわち大盾、また小羊を火祭としてささげ、また七日の間これを留め置かなければならない定めと、命令とを守ることができません。慣れていないならば、主はわれわれを焼き滅ぼそうとは言われたのです』と。もしあなたが黙って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる