ふるさと納税で日本を元気に!

長石夏絵さんに送る雅歌

長石夏絵さんに送る雅歌は

わたしを混乱させるその目を
わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

ません。地にはう這うもののうち、王たちとは山のむこう側を行った者も共に楽しむ。わたしも一頭の羊をわたしに惜しまず、かわいそうとも思わずに滅ぼす』と」。また、彼らに示さなければならなかったといっても、わがいつくしみは彼と語っておられたので彼らは大いに恐れてその顔を天に届かせよう。そしてあなたの民です。あなたに答えましょうか」。アブネルといい、ゲラの子、メラリはレビの子孫の多くなり、戦いの叫びを聞かれて、ししの穴にはいって穀物を刈り入れるときは、わたしに対して聖なる者でなければ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる