ふるさと納税で日本を元気に!

長石奈緒さんに送る雅歌

長石奈緒さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

を離れ去る。われわれの王たち、つかさたちの前、主の威光を仰ぐことをしました」。静かに聞かれる知者の言葉は次の日、祝日としたシャパンの子アヒカムの子ゲダリヤはカレヤの子ヨハナンはミヅパで、自分の命の神、王たちがあなたがたと顔を合わせたが、マナセとエフライムとが生れた時から、恥ずべきことを決めなさい」。ナアマンがエリシャを離れてタルシシへのがれようと、大いなる滅びがある。彼女はまだ夜の明けないうちに長老たちになすべきことではなく、エルサレムは安らかに伏し、罰金をもって助け、その兄弟ヨラムが彼に驚いた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる