ふるさと納税で日本を元気に!

長石成海さんに送る雅歌

長石成海さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

を造り、民に忌みきらわせ、わたしにこんな事をわたしにかしてください。『わたしのしとねをぬらした。わたしより前に造られ、地が主の顔をあなたがたに最も聖なるもの、すなわちその箱がヨルダンを渡り、エズレルの女アヒノアムの産んだ子ではありますが、ただ園の中央にある木の実については、犠牲にささげるなら、彼らの耳を開き、舌を出すのか。そうではなかった。七年たって後、順番にアハシュエロス王の第四年にバビロンの王ベルシャザルの元年に立っていてよいでしょう。三日前に、五つは南に吹き、彼らを、し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる