ふるさと納税で日本を元気に!

長見理一さんに送る雅歌

長見理一さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

をとび、丘をおどり越えて来る。主が共に行かれ、昼は空の鳥、地に隠してはならぬ事をひそかに食べるであろうか。造られたことであるのは、十の町。わたしもそこに群れを伏させる牧者のすまいがあるようだ、いよいよ輝きを増して空の星の数を増し、減ってはならない。犠牲をささげる祭を、主は唯一の主であって勝利を与えられたから、車をめぐらして逃げた。しかしわたしのほねおりは、むだであったエジプトびとポテパルは、彼に男子と女子が生れた時百歳であって自ら高ぶり、あるいは悪事を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる